G-SHOCK

GMW-B5000

フルメタル耐衝撃構造のスクエアデザイン。
正統進化は次なるステージへ。

1983年に誕生したG-SHOCK初号機DW-5000C。
その象徴であるスクエアデザインを、新しい耐衝撃構造によりフルメタル化し、スマートフォンリンクをはじめとした先進機能を搭載。
さらなる高みを目指して挑戦を続ける唯一無二のタフネスウオッチ。
その原点と進化が、ここにある。

DESIGN & TECHNOLOGY

Bluetooth® + Radio-controlled

標準電波(マルチバンド6)、Bluetooth®による時刻修正システムに対応。世界中で正しい時刻を表示。

G-SHOCK ConnectedG-SHOCK専用アプリ

簡単操作で多機能を思いのままに。

- 自動時計修正

- ワールドタイム都市設定(300都市以上)

- ローカルカレンダー設定
(英・西・独・仏・伊・露の曜日言語、月日表示順に対応)

- リマインダー

- タイム&プレイス

- 携帯電話探索

※ 画面はイメージです。

フルメタル耐衝撃構造

ステンレス製のベゼルとケースの間に、ファインレジン製の緩衝材を実装。シェルのような構造でモジュールを保護することで、G-SHOCK初号機のフォルムはそのままに、メタル外装による耐衝撃構造を実現。

スクエアケースデザイン

耐衝撃の追求が生んだ一切の無駄のない造形は、G-SHOCKの原点であり、最終形ともいえる完成度を誇る。GMW-B5000では、この角形フォルムに加えフラットなベゼル形状を採用し、初号機のデザインをメタル素材で忠実に再現。

バンド接続部

バンド接続部を3本足構造とし、連結パイプに加わる衝撃を分散。また、メタル製のバンドピースにディンプル加工を施し、初号機の樹脂バンドデザインを継承した。

こだわりのメタル仕上げ

ベゼル天面やケース側面をヘアラインで仕上げ、裏蓋などをミラー仕上げに。メタルの質感を最大限に引き出した。

DLCコーティング・スクリューバック

初号機と同じ、重厚で気密性の高いスクリューバックを採用。DLC処理を施し耐摩耗性を強化。

フェイスデザイン

ロゴマークや機能表示、液晶のデジタル表示など、初号機の文字板をオマージュしたデザインに仕上げた。

フィルムソーラーパネル+STN液晶

ソーラーパネルをガラスから加工性の高いフィルムに変更。中央に開口部を設けることで、外光の反射を抑え、液晶の視認性を向上した。さらに、液晶には高コントラスト、広視野角のSTN液晶を採用。

Bluetooth®搭載電波ソーラー

標準電波やBluetooth®のアンテナを液晶窓やボタン穴の近くに配置。フルメタル化による受信感度への影響を回避。

スーパーイルミネーター(高輝度LEDバックライト)

周囲の明暗を感知し、暗所で腕を傾けると自動点灯。フェイドイン・フェイドアウト機能付き。

リマインダー設定
(G-SHOCK専用アプリ)

アプリで登録した日付を、時計がリマインド通知。タイトル表示のほか、点滅や色変化などの特別な発光パターンで演出を行う。

タイム&プレイス
(G-SHOCK専用アプリ)

時計のボタン操作で、その時点の時間と場所をアプリの地図上にスタンプ。タイトル編集しログデータとして管理可能。

SPECIFICATIONS

- マルチバンド6

- スマートフォンリンク機能

- ソーラーパワー

- ワールドタイム

- ストップウオッチ

- 時刻アラーム5本

- 高輝度フルオートLEDバックライト(スーパーイルミネーター)

- 20気圧防水

※ Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、カシオ計算機はこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。

GMW-B5000

GMW-B5000

Page Top